黒白はちわれ(♂)2ニャンと茶トラ(♀)とキジ白はちわれ(♀)の猫日記
TNRした猫に会いに・・・
2011年11月23日 (水) | 編集 |
本日は良い天気。私もフラりとお出かけ。
行き先は、以前の住居近辺。

以前の住まいは、ペット不可のマンション。

2008年秋頃、私はその猫に出会いました。

初対面で、いきなりスリスリしてくる猫は初めて。
最初は飼い猫だと思いました。
おそらくは元飼い猫。
推定1歳前後。

後をついて来て、終いにはウチの玄関にすんなり入った・・・。

ペット不可なので、時々コッソリ餌と水を与えていました。

野良猫なのに膝にまで乗る。

のら1
注)携帯画像です。

当時の私は、避妊とかの知識はゼロ。
2009年5月頃に3匹出産。
茶トラ、灰色、黒白(背中に茶の点々あり)。

のら3


2010年3月20日頃のある夜、突然フラフラの状態。
慌てて保護。
水は飲むけど、餌は食べない、ぐったりしている。

仕事が忙しかったので、翌日親に病院に連れていってもらいました。
仕事終了後に病院へ訪れたら、元気になっていました。(^ ^)

原因は不明ですが、熱が高めだったとのこと。
それから・・・妊娠してました!
病院の先生と相談し、堕胎と避妊手術をお願いしました。

その時、お腹には3匹いました・・・。

奪ってしまった命・・・、正直、無力さに泣いてしまいました。

お気づきでしょうか。

リューやひなの誕生日は、2010年3月23日。

のら2


その後、今の住まいに引越し。
一緒に連れてこようか迷いましたが、
他にも可愛がっている方もおり、外にも出たがり、
車の交通量も少ない地域(※)なので、連れてきませんでした。
※表は商店街、裏は人しか通れない狭い道

そのかわり、数ヶ月ごとに様子を見に行きます。
バスや電車で10~15分程度、徒歩でも行けます。

そして、本日。
この子は、キーケースの鍵をジャラジャラ鳴らすと、
「にゃー」と鳴きながら現れます。

久しぶりでも忘れておらず、会うと必ずスリスリ。
元気そうで、毛づやも良く、ふっくらしていました。
(カメラを忘れて、写せませんでした・・・)

この子の体調が悪かったら、連れて帰るつもりでいます。

この子に会わなければ、猫の良さも知りませんでした。
この子に会わなければ、猫を飼うこともありませんでした。
この子に会わなければ、猫好きになりませんでした。

いつまでも、ウチ猫と同じくらい大切な猫。


↓ 各種ランキングに参加しています。ポチっとお願いいたします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
なんて可愛い子!
久々の再会、元気にしている様子を確認できて良かったです。
お腹の赤ちゃんはとても残念で切ないですが
リュー君、ひなちゃんが生まれ変わりのようにらいすばーどさんのお家に来たのですね。
この猫ちゃんもきっとちゃんと分かってくれてますよね。
近所の方にも可愛がられながら元気に過ごして欲しいですね。
2011/11/23(水) 21:01:03 | URL | bibihachi #-[ 編集]
可愛い子。。。
この子を見守るらいすばーどさんって素敵!
リューくんとひなちゃんは・・・生まれ変わり♡
絶対にそうよね^^

ナゼかこの子を見て、らいすばーどさんの記事を読んでたら・・
涙が出て来ちゃった。
絶対にこの子は幸せをつかめる子よ!
taisho、心からこの子の幸せを祈ってるわ(=^▽^=)

↓ふわふわキャッチシート!
我が家の愛用品ですぅ~~^^
これ、絶対いいですよね♪
メッチャ埃と毛を取ってくれて助かってますv~v
2011/11/23(水) 22:23:09 | URL | taisho #-[ 編集]
一度でも飼われた猫は、その後もよほどのことがない限り、
人を信用し、甘えてくるんですよね。
そして、久しぶりに会っても忘れないでいてくれる……。
こんなにうれしいことはないですよね。
ふっくら毛づやがいいのは、きっとかわいがられてる証拠。

堕胎手術したころにリューくん&ひなちゃんは、
ホント生まれ変わりのようですね。
運命を感じずにはいられませんよね。

これからも元気で過ごしてくれるといいですね(^^)
2011/11/24(木) 09:07:31 | URL | まーさん #-[ 編集]
初めまして、私と同じ体験です。私も避妊て?わからず、仔猫を産んだ母親子を仕方なく飼いました(可愛そうで)今はウチに居ます。それから避妊をして(増えないように・・・)と四苦八苦でした。皆さんそうなのですね。1つ1つ苦労して覚えますよね。心に残る猫で投稿を集めています。(アメブロで投稿記事をまとめて出すので)考えても宜しいですか?いまは開設したので、そのコーナーを今度出します。参考まで「初回」をご覧ください。投稿コーナー1回目に出せたらお願い致します。http://ameblo.jp/sabipapa/
2011/11/24(木) 16:43:48 | URL | Sabimama #cbwYL0zY[ 編集]
元気で居てくれて良かったですね♪
この子もらいすばーどさんと会えるのを楽しみにしているのかもしれないですね^^
うちも私が物心ついた時から猫を飼っていましたが、
全て野良ちゃん。
小学生のとき、家の都合で引っ越しをした時、
つれて来れなかったミーコという猫を思い出しました。
引っ越し先でミーコにそっくりな子を見ると思わず声をかけていました。
今思えば一緒に連れていけば良かった・・と思います。
2011/11/24(木) 22:26:07 | URL | ねこまんま #-[ 編集]
コメントありがとうございます
>>bibihachi さんへ
特徴のある顔なので、見間違うことは絶対にない子です(^ ^)。
猫が飼える住居に・・・と決断したきっかけも、この子の影響が大きいと思います。
元気でいてくれるようにと、いつも祈る気持ちです。

>>taishoさんへ
この子が最初に産んだ子達に、茶トラや黒白がいたので、2回目ももしかしたら同じような柄かなと。
生を受けることが出来なかった子達のためにも、リューとひなを可愛がりたいです。
この子のことも、最後まで見守りたいという気持ちです。(^ ^)

>>まーさん さんへ
いつも毛づやは体調の判断にしています。
良質な餌をもらっていると、毛づやはいいですよね。
私のことを忘れない姿をみると、連れて帰ろうか、いつも悩みます。
でも、リューとひなは温室育ちなので、きっと負けちゃうかなと思ってます。

>>Sabimamaさんへ
初めまして。何も知らなかった時は、子猫って可愛い・・・と思っていました。この子の避妊を通して、インターネットやブログ等で色々勉強させていただきました。
私のやり方に賛否両論はあると思いますが、Sabimamaさんの コーナーで取り上げていただいても大丈夫ですよ。(^ ^)

>>ねこまんまさんへ
正直、会うたびに連れて帰りたい衝動に駆られます。
でも、リューとひなのストレスが気がかりで、思いとどまっています。
この子は、他猫を寄せつけないところがあるんです。
連れてくるなら、引越しの時だったと決断が遅れたことを実は悔やんでいます。

思い出のある子って、きっと忘れられないですよね。
2011/11/25(金) 01:29:00 | URL | らいすばーど #LkZag.iM[ 編集]
お礼です
ありがとうございます。来週に(土日にまとめて)無理言ってすみません。誰もが経験する「初めての保護活動」のきっかけが一番心に残る猫だと思います。全くそのまま転載致します。また途中経過をご報告致します。その再にURLも載せて良いですか?
※道でスリスリの懐く子は最近は物騒ですから、注意してくださいね。(心配させてスミマセンが、最近神経質になる事が多いのですよ、世間で)
2011/11/25(金) 05:46:06 | URL | Sabimama #cbwYL0zY[ 編集]
たまにしか会えなくても元気な姿を見ると安心ですよね。
らいすばーどさんはこの子にとって、最善のことをされたと思います。

実は私も同じ時期に似たような経験をしました。
2009年に引越しで、やはり地域猫で親しくなれた子を置いて来る結果になり、しばらく悔やんでいましたよ。
でも、他にも可愛がっている人が居たのは救いでした。

色々なきっかけをくれた猫さんの存在は貴重ですね。
2011/11/25(金) 17:41:46 | URL | antoine7037 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
>>Sabimama さんへ
たびたび、ありがとうございます。
URLも乗せていただいて、大丈夫ですよ。(^^)
「 百猫物語 」(ひゃくびょうものがたり)も読ませていただいてます。
この子は、出会った頃と違い、最近は可愛がってくれる人以外近づかないようになりました。
また、マンションペット不可ですが、結構、部屋に招き入れている方も知ってます。
でも、気をつけるようにしますね。ありがとうございます。

>>antoine7037さんへ
そういえば、antoine7037さんもブログで引越しの時に三毛猫さんのこと迷われていましたね。
過去記事を読んだとき、とても人事と思えなかったんです・・・。
これからは寒い季節なので、気をつけてあげたいと思います。
2011/11/25(金) 21:29:09 | URL | らいすばーど #LkZag.iM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック