黒白はちわれ(♂)2ニャンと茶トラ(♀)とキジ白はちわれ(♀)の猫日記
うち猫ひなは・・・
2011年06月07日 (火) | 編集 |
ひなの挨拶

▼ひなのプロフィール
名前はひな。生粋(?)の茶トラ猫の♀。
現在1歳2ヶ月(推定)、誕生日は2010年3月23日。
体重は4.08kg。(2011/05/29現在)
声はメゾソプラノの下パートぐらい。
性格はシャイでおっとり。
好きな事は寝ることと物陰から覗くこと。


▼ウチにきた経緯
いずれは2匹目を・・・と考えていました。
出来る限りリューが若い時の方がストレスが少ないと思い、4月上旬頃から里親サイトの閲覧を開始しました。
探していた条件は、
 1. 茶トラ
 2. ♀
 3. 猫エイズ、白血病が陰性
 4. 1歳以下
 5. リューとの相性
です。
これらを全て満たしている子を探しました。
東京キャットガーディアンさんの仔猫募集も見ておりましたが、生後4ヶ月くらいにならないと猫エイズと白血病の検査をされないことを知ってましたので、今回は断念。
そんな時「いつでも里親募集中」のサイトで、個人ボランティアさんが募集をされていた中に条件とピッタリの子がいました。
すぐに連絡をとり、猫エイズ・白血病の検査も済ませていただき、2011年4月29日に正式譲受けとなりました。


▼ひなの過去
ひながウチに来るまでの状況を簡単にお話しします。
ひなの最初のおウチは、避妊・去勢手術をされていなかったため、1年ちょっとで30匹まで増えてしまったそうです。
餌と水は与えられており、劣悪な環境ではなかったそうですが、医療ケアは不十分だったそうです。
そして元飼い主の事情で猫達が処分されそうになったところを、個人ボランティアさん達で引き取ったそうです。
(なお、ひな の左耳はリリースも考えて、カットされたそうです)
初めて多頭崩壊という現実を身近に感じました。
非力ながら、ひながせめてウチに来て幸せを感じてくれたらいいなと日々思っています。


▼ひなの通院
譲受けの際に涙目のため、目薬をいただきました。
しかし鼻水も見られたので、翌日動物病院へ連れて行くことに。
診断の結果、軽い猫ヘルペスの症状がみられるとのことでした。
またしても、お薬スタートです。加えて目薬も差さなければなりません。
最初の1週間は、鼻水・くしゃみ・涙目のフルコースで、かなりつらそうでした。
きっと見知らぬところへ連れて来られ、兄弟姉妹や仲間もいない・・・寂しさとストレスから発症したのかもしれません。
(ワクチンは接種済だったので、軽症でした)
2週間すると鼻水・くしゃみが治まり、現在は点眼だけ続けている状況です。
ちなみに、目薬は当初の涙目用からヘルペス用のものに獣医さんと相談して、途中から変えました。
また、左目のまぶたの下に瞬膜が少し出ていたのですが、こちらの回復はもう少し時間がかかりそうです。


▼現在
リューとは相性が良いようです。
もともと集団の中で暮らしていたので、猫との付き合い方はバッチリ。
リューの方が戸惑っていましたが、徐々に近づき、一緒に元気に走り回るように。
ひなはおもちゃの遊び方も知らなかったのですが、今では目を輝かせて遊びます。
撫でられるのも大好きで、目を細めて嬉しそうな顔をします。
これから楽しい猫生を送ろうね!


2週間経過のひな
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック